街歩きガイド(史跡・公園編)

内川新田開拓記念碑(夫婦橋)

ジャンル 史跡
内川新田開拓記念碑(夫婦橋)
説明

1667年(寛文7年)建立。 砂村新左衛門が内川新田を開拓する際、川の真ん中に小さな島を築き、両岸から2本の橋をかけたことから、夫婦橋の名がついた。当初、その小島に記念碑が建てられたが、現在は橋や碑の位置も全く変わっている。 碑文は、8年もの年月を費やした大事業を現代にも伝えている。

アクセス 京急「京急久里浜駅」、またはJR「久里浜駅」より徒歩約4分
最終更新日:2014/4/1