くりはま”ってこんな街!


久里浜(くりはま)は、三浦半島のちょうど真ん中あたり、横須賀市の東部に位置しています。

東京・横浜方面に通じる京急線とJR横須賀線の二つの駅がある、たいへん便利な街です。久里浜には京急線の車庫があり、横須賀線は終着駅のため、どちらの路線も始発電車を選べることも魅力です。

また、東京湾に面しており、南房総・金谷港へのカーフェリーや伊豆大島への高速船(不定期)が発着していて、三浦半島の海の玄関口でもあります。
近くには良質な漁場も多く、とくに久里浜のタコは、「西の明石、東の久里浜」と言われるほど美味です。

歴史的にはペリー上陸の地として知られ、「ペリー公園」のペリー上陸記念碑やペリー記念館などでその足跡を感じることができます。
ペリーが久里浜で米国大統領の親書を幕府側に手渡した7月14日近辺には、毎年、「久里浜ペリー祭」を開催しています。祭りのクライマックスを飾る花火大会は、多くの人で賑わいます。

近年は、春にはポピーが、秋にはコスモスが咲き乱れる「くりはま花の国」を中心とした花の街というイメージも定着してきています。京急久里浜駅の電車接近の駅メロディは、横須賀出身の山口百恵さんのヒット曲「秋桜」が使われています。
くりはま花の国」には全長10mの大きなゴジラのすべり台もあり、こちらも大人気です。


交通アクセス

電車 京急線 京急久里浜駅(KK67)
品川駅から約60分 横浜駅から約40分
京急久里浜行きか三崎口行きの電車に乗って「京急久里浜駅」下車
JR横須賀線 久里浜駅(JO01)
大船駅から約40分
久里浜行きの電車に乗って終点「久里浜駅」下車
逗子行きが逗子駅で久里浜行きに接続する場合もあり
クルマ 横浜横須賀道路 「佐原IC」を降りる
一般道の場合は国道16号または134号経由で
東京湾フェリー 金谷港(南房総)から約40分
東海汽船(不定期) 伊豆大島から約1時間