くりはま花の国開花情報

2/25現在のくりはま花の国開花情報





樹木園の百合椿を紹介します。
濃紅色の一重で長筒咲き、花の大きさは小・中輪のサイズです。笹葉のように狭長で枝垂れ性です。
枝垂れ性なのでよく孔雀椿と間違う方がいますが、孔雀椿のように白絞り模様はなく広がっては咲きません。

お勧めは樹木園の展望台手前で開花したトサミズキです。
非常に変わった花を咲かせます。土佐の山地に自生するマンサク科の落葉樹です。
名前の由来は高木のミズキに葉が似ているからという諸説もあります。

ハーブ園のハナモモが一斉に開花しました。
原産地は中国で観賞するために改良されたモモで花つきがよく、サクラの開花前に咲く種類が多く日本でも数多くの品種改良が行われ、くりはま花の国のハナモモは赤系が多く八重咲が占めてます。

くりはま花の国開花情報(PDF)が表示されない方はこちらからダウンロードしてください
2/25現在のくりはま花の国開花情報

資料提供:くりはま花の国